FC2ブログ

砂くんのへんなにっき

ころころ変わる趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画

最近観た映画の感想を書かせてください。しゃぶりますんで。
Amazonプライムに加入したことで、クソほど映画が観れる環境になったので、最近はもっぱらプライムビデオ。
そんな感じで今日も2本観ました。




■『凶悪』(2013)

poster.jpg

・あらすじ
 史上最悪の凶悪事件。その真相とは? ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。それは獄中の死刑囚 (ピエール瀧)から届いた、まだ白日のもとにさらされていない殺人事件について の告発だった。彼は判決を受けた事件とはまた別に3件の殺人事件に関与してお り、その事件の首謀者は“先生”と呼ばれる人物(リリー・フランキー)であるこ と、“先生”はまだ捕まっていないことを訴える死刑囚。闇に隠れている凶悪事件 の告発に慄いた『明朝24』の記者・藤井(山田孝之)は、彼の証言の裏付けを取る うちに事件にのめり込んでいく……。

・感想
 amazonのレビューにも書いてあったけど、ピエール瀧、リリー・フランキーのサイコパス的な演技が素晴らしかったし、怖かった。狂気って感じ。「常人じゃないんだな」って感じの役を見事に演じ切ってた。でもやっぱり、次第に事件にのめり込んでいく山田孝之の演技もすごい、迫真。
 映画の内容は普通にサスペンス系。金絡みで殺していく感じ。その殺し方も残虐だったり、処理方法もエグかったりするので、グロ耐性ない人はきついかも。でもこれ実話で、実際にこういう事件があったっていうのが恐怖でした。池脇千鶴が劇中に「こういう猟奇的殺人には興味が湧くし、面白いって思っちゃう」みたいな台詞吐いてたけど、「ああ~確かにな~」って思いました。とにかく、スカットする終わり方!みたいな感じではないけど、最後まで見れば、伏線回収や謎が解き明かされていき、「面白かった」と思えるような映画になってます。
 この作品を観ようと思った理由が、先日の「フリースタイルダンジョン 東西口迫歌合戦」でR-指定がサンプリングとして使っていたからなんです。R-指定は「『凶悪』のピエール瀧みたいに お前の人生終わらせたる ぶっ込んで 殺して 埋めたるわ」とこの映画のネタを散りばめていましたが、本当にこの通りに劇中ではピエール瀧がぶっ込んで殺して埋めて人生を終わらせちゃってました。


■『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)
51uUHm4vlgL.jpg

・あらすじ
セックス、金、権力、ドラッグ。現実とは思えない衝撃的な実話を映画化したのは巨匠マーティン・スコセッシ監督だ。レオナルド・ディカプリオが演じたのはニューヨークに住む、富と名声に貪欲な若手の株式ブローカー。不正が横行し果てしのない欲望が渦巻く街に住むその男の名前はジョーダン・ベルフォート。

・感想
 金!!!!!!ドラッグ!セ~~~~~~~~~~~~~~~ックス!!!!!金があれば何でも出来るぞ~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!金稼げ金!!!!!!!!!
 デカプリオが常時ドラッグキメつつ金の亡者になるお話。もうちょい詳しく説明しますと、株式ブローカーになったデカプリオが倒産、起業、結婚、離婚、ドラッグ、汚職、犯罪、セックス、SMプレイ、複数人プレイなどを経て巨万の富と名声を手に入れる話。メチャクチャ面白い。秩序も倫理観も道徳心も何もなく、そこにあるのはクスリと金とセックスのみ!!狂気!!!!でもこれ実話!!草生える!!!!!
 R-18作品なのでマンコ以外全部出てます(?)金は人を狂わせちゃうんだなって再確認出来ます。『凶悪』も金で人が狂いますが、こっちはまたベクトルが違うので面白い。
 とにかくセックスシーンが多いし、セックスしてるヤツが多い。そんな映画です。




また暇なときがあれば、今度は「北朝鮮がアメリカを侵略する映画」の記事を書きたいと思います。では

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sunakujira111.blog100.fc2.com/tb.php/1082-a20069c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。