FC2ブログ

砂くんのへんなにっき

ころころ変わる趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EGH:多人数戦ルール(仮)ver1.02

ヨーカンさんが新ルール提案してくださったり、えすふんさんと色々議論したりしてルールを練り直してみました。

以下新規ルール

新規ルールは赤字で表示させていただきます。
変更となった元ルールは打ち消し線を入れます。

■多人数戦EGH構築ルール

○プレイヤーは、あらかじめクリーチャーを1体、自分の“ジェネラル”として選びます。

○殿堂ルール+EGH専用禁止ルールを適用します。

○EGHのデッキは60枚+ジェネラル1枚のみで構築され、複数の同名のカードがない通称ハイランダーデッキで構成されます。


■多人数戦EGH仮ルール

○多人数戦ルールを適用します。

初期手札は6枚、初期シールドは5枚+自身を除くプレイヤーの数としてゲームを開始します。

○ジェネラルはサイキッククリーチャーとして扱い、超次元ゾーンにおきます。超次元ゾーンにはジェネラル以外のクリーチャーを置く事ができません。

○ジェネラルにサイキック・クリーチャーを指定する場合、裏表どちらかしかジェネラルに指定できません。(マナコストを支払って召喚できるのはジェネラルに指定した面のみ)

○ジェネラルにサイキック・スーパー・クリーチャーを指定する場合、ジェネラルは1枚ではなく、サイキック・セルの枚数となります。(サイキック・スーパー・クリーチャーもマナコストを払うとバトルゾーンに出せる)

○ジェネラルにゴッドを指定する場合、デッキ内からリンクするゴッドを左右それぞれ1枚まで選び、デュエル開始前に相手に見せます。そのリンクするゴッドが持つ文明のカードもデッキ内に入れることができます。

○ジェネラルが超次元ゾーンにあるとき、ゲーム中1度だけ正規のコストを支払い召喚することができます。

○ジェネラルには以下の能力が追加されます。

 ▪このクリーチャーを超次元ゾーンからバトルゾーンに出した時、このクリーチャーの召喚酔いは無くなる。
  (SAとの差別化を図るため、進化クリーチャーの召喚酔いが無効化される能力を適用します)

 
 ▪攻撃中、このクリーチャーはバトルゾーンを離れない。

 ・ジェネラルの攻撃は自分を除く全プレイヤーを対象とします
  (※細かい裁定やルール等は別記事に書き上げます。)



■EGH専用禁止ルール

○以下のカードをジェネラルに指定することは出来ません。

・《最凶の覚醒者デビル・ディアボロスZ》
・《聖霊王アルファディオス》
・《悪魔神ドルバロム》
・《超竜バジュラズテラ》
・《悪魔神王バルカディアス》

○以下のカードをEGHで使用することは出来ません。

・《ガルベリアス・ドラゴン》

○外国版カードを使用可能としますが、海外版と日本版でテキストが異なる場合、テキストを日本公式に合わせて使用します。




■廃止

・ブレイクされた呪文がSTを得るというルールを廃止致しました。

・DM公式ルールに則り、先攻プレイヤーのターン開始時ドローを廃止致しました。

・ジェネラルブレイク(ボルメテウスブレイク)、ストリウムと同じ効果を付加させるジェネラル効果を廃止致しました。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sunakujira111.blog100.fc2.com/tb.php/1002-848531d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。